大塚和成のビジネスニュース斬り

大塚和成がビジネス、ニュース、芸能、仮想通貨でも何でも取材や第三者目線での見解など、独自の路線で記事を執筆します。

歴史ある『のど自慢』にVTuberを出演させてしまう、NHKの本気。

f:id:kido1205:20181121221911j:image

 

 先日から、サイバーセキュリティ担当でありながら、

「パソコンを打ったことがない」

と国会で発言した、桜田義孝五輪相が話題になっている。

「USBジャックを知っているか」

という野党からの質問に対し、

「仮にあったとしても万全の対応をする」

と必死に答える姿には、

(だれか、フロッピーディスクの進化したやつだよって、教えてやれよ…)

と思ってしまったが、彼がおっさんの日本代表なわけではもちろんなく、日本の国営放送の方には、時代の先端いける人、もしくはそのへんに柔軟な人がいる模様である。

 

NHKバーチャルのど自慢?

NHKバーチャルのど自慢」正月に放送決定、人気VTuberたちが自慢の歌を競い合う

2018年11月21日 19:45

NHK総合で2019年1月2日(水)23:35から特別番組「NHKバーチャルのど自慢」がオンエアされる。

 これは同局で日曜昼に放送されている「NHKのど自慢」の番外編的な番組。毎週全国各地から生放送している「NHKのど自慢」がバーチャル空間を会場にし、バーチャルキャラクター化した小田切千アナウンサーの司会のもと、バーチャルYouTuberたちが自慢の歌を競い合う。

 出場するVTuberは静凛、鈴木ヒナ、田中ヒメ、月ノ美兎、電脳少女シロ、ときのそら、樋口楓、富士葵、ミライアカリ、YuNiなど。ゲストとしてバーチャルグランドマザー小林幸子キズナアイも出演する。誰が「バーチャルのど自慢」の初代チャンピオンの座につくのか、放送を楽しみにしておこう。NHK総合NHKバーチャルのど自慢」

2019年1月2日(水)23:35~24:20

<出演者>

静凛 / 鈴木ヒナ / 田中ヒメ / 月ノ美兎 / 電脳少女シロ / ときのそら / 樋口楓 / 富士葵 / ミライアカリ / YuNi / and more

ゲスト:バーチャルグランドマザー小林幸子 / キズナアイ

司会:バーチャル小田切千アナウンサー

(引用元 https://search.yahoo.co.jp/amp/s/amp.natalie.mu/music/news/308917%3Fusqp%3Dmq331AQJCAEoAVgBgAEB

 

ベストな時期に、ベストな番組で

 NHKが、VTuberで、番組を作る。

 ともすれば、若者文化に媚びて尻尾を振っていると、ネット民に叩かれそうな案件だが、そこに『のど自慢』をくっつけたところが、うまいと思った。

 VTuberの、既存のイメージに合わせて、かっこよくてオシャレなイメージで番組を作ると、目が肥えているファン達に、『ソレジャナイ』と突っ込まれる危険がある。

 だが、『のど自慢』なら?

 皆が知っている『型』がある、伝統の番組。

 上手いとか下手とか関係なく、出たい人が出て、無慈悲に鐘を鳴らすアレ。

 そこにVTuberを出演させるというのは、ファンにとっては『認められた』という喜びがある。

 自分の推しキャラがではなく、自分達が盛り上げている『VTuberという文化』が、だ。

「わかってるじゃん、NHK

 そう思わせるマジックが、のど自慢とVTuberの組み合わせにはある。

 うまいことやるなあと、素直に感心した。

 

後押しする大御所の存在

 もう一つ、注目すべきは、バーチャルグランドマザー小林幸子である。

 大型のセットや金銭問題で、紅白の舞台から降ろされて久しい小林幸子が、こちらで返り咲く柔軟さ。

 コミケに参戦する叶姉妹の原型は、自分を保ったまま若者に並走し、ネタにされる時期を超えて認知された、大御所の姿だったように思える。

 それを正月番組にしたというのもまた、大正解だ。若者が、テレビの前に戻ってくる。彼らにとってのテレビとは、即ちスマートフォンだったりするが、そこにもNHKは、うまく並走、あるいは牽引していくだろう。

 

 筋肉体操といい、発達障害特集といい、最近のNHKの反射神経は素晴らしい。

 あとは受け手が成長できるかだ。